HOME > レガーロの仲間たち > お魚について > 白めだか・青めだか

白めだか・青めだか(通年)

白めだか・青めだか
白めだか


  

青めだか

 

学名 Oryzias latipes
分布 改良品種(日本)
サイズ(成魚) 約3cm
飼育適水温 25度前後
飼育限界水温(注1) 10〜29度
寿命(注2) 約2年


漢字で書くと“目高”と書きます。

上の方についた大きな目からこのように名づけられました。

学名のOryziasは稲の学名に由来しています。

水田や用水路を群泳する姿を表現したものと思われます。
また、自然界に生息している黒メダカの突然変異で生まれたメダカには、緋メダカと白メダカが存在します。

緋メダカとは、よくペットショップで見かける淡い黄色をしたメダカです。
白メダカは、黒色と黄色の色素をもたないため、淡いピンク色を帯びた白色をしています。

一方、青メダカは黒メダカと白メダカの交配により生まれたもので、白メダカより透明感のある体が特徴です。

上から見ると、よく違いがわかります。

 

【♂♀の見分け方】
♂⇒♀に比べて尾ビレが大きく平行四辺形のような形をしています。また背ビレには切れ込みがあります。
♀⇒尾ビレは幅がせまく三角形のように見えます。


        オス・メスの見分け方

注1)飼育限界水温は、あくまでも目安です。できるだけ、適水温での飼育をお願いします。
注2)
寿命とは、病死せず、老衰死するまでの平均期間です。

 

 

★“飼育できるお魚の匹数の目安”ページへはこちらから★

★“飼育できるお魚同士の相性の目安”ページへはこちらから★


このページの先頭へ戻る