HOME > 商品一覧 > レガーロ(REGALO) > お手入れについて

レガーロ(REGALO)のお手入れについて

1. エサの与え方
魚の飼育にはエサが必要です。1週間に2、3回、間隔を空けて与えてください。

1回に与える目安は、レガーロ専用エサで魚1匹に対し1振りです。(アカヒレサイズの場合)
・魚のサイズにより与える量を調整してください。
・エビはコケや水草を食べるのでエサは基本的にはいりません。

2. 水換えの目安
水換えは1ヶ月に1度を目安にしてください。

但し、水に透明感がなく、白く濁っている時は、すぐに水換えが必要です。

また、水が蒸発し、水槽の水が減った場合は、カルキ抜きした水を作り常温にしてから足してください。
・水草には天然流木を使用しているため、水が黄ばむ場合があります。生きものには影響はありません。

3. 水換えの方法
@用意するもの
*バケツ(10L程度のもの)
*洗面器(もしくはボールのような容器)
*液体カルキ抜き
(ネットやタオル、スポンジがあると便利です。)
@用意するバケツなど

Aバケツに水槽とほぼ同量の水道水をいれてください。(約5L)

その後、液体カルキ抜きを適量入れ常温になるのを待ちます。

バケツに入れた水が、水槽の水温とほぼ一致するのが理想的です。(23〜27度が適水温)

Aカルキ抜きを入れる

B次に水槽内にサンドと半分ほどの水を残し、Aで用意したバケツへ水ごと水槽内の生きもの(魚、エビ、水草など)を移動します。

古い水と新しい水を混ぜる事で、生きものへのストレスを和らげる事ができます。

Bバケツへ半分ほどの水を残しておく Bバケツへ生き物を移動する

C水槽内のサンドは半分ほど残した水を利用し、軽く洗い流します。

汚れがひどい時はバケツの水を少量利用し洗い流してください。
注)サンド洗いは、目立つ汚れが取れる程度でかまいません。

水道水を使用し、サンドを綺麗に洗いすぎると、せっかくのバクテリアが死んでしまう恐れがあります。(レガーロ自然のサイクル参照)

C砂を洗う

D水槽の汚れ(コケなど)は水道水で綺麗に洗い流してください。

但し、水槽を洗う際は、スポンジ等の傷つきにくいものをご使用ください。

D水槽を洗う
E綺麗になった水槽に、洗面器のサンドを移し、最後に、バケツの水、生きものを水槽へ移動して水換え終了です。
水槽やサンドを洗う時は、絶対に洗剤を使用しないでください。
E水槽へ生き物を戻すE完了

4. 水草のお手入れ
成長に伴い、水草(ウィローモスなど)が伸びすぎた場合や変色した箇所は、ハサミ等で切り除いてください。

この作業を行う際は、バケツに水をはりその中で行うと、切った水草が水槽内に舞わず水槽を汚しません。

また、空気中に水草を長時間露出すると乾燥してしまいますので、ご注意ください。
@葉が生い茂り、ウィローモスも伸びてきた様子(こけ流木付ミクロソリウムの場合)

水草やこけが伸びすぎた状態。

A枯れた葉を、茎の根元から切ります。
注)写真は説明用です。

本来は、水草の乾燥を防ぐため、極力、水中でお手入れをおこなってください。

バケツがあると便利です。

A茎を根元から切る
B伸びすぎたこけ(ウィローモス)を切ります。 B伸びすぎたこけなどを切り取る

Cお手入れ終了です。
注)ミクロソリウムの葉や、ウィローモスが伸びすぎると、葉の根元やウィローモスに光が当たりにくくなり、枯れの原因となります。

大切な水草が枯れないよう、定期的なお手入れをお願いします。

Cお手入れ終了

5. ハロゲンランプの点灯時間
水草の成長には光が重要です。

目安として点灯時間は1日10〜12時間です。

但し点灯時間が長すぎると水槽のガラス面等にコケがついてしまいますので、ご注意ください。

 

6. 熱帯魚の病気と治療
熱帯魚がかかり易い病気には、白点病や尾腐れ病などがあります。

症状により治療する薬が異なりますので、ペットショップ等で市販されている観賞魚用医療薬品をお買い求めください。

また、病気になる原因には、体のキズやストレスなどが考えられますので日々の飼育をしっかりおこない、大切な生きものが病気にならないよう注意してください。

 

エビの仲間は一般的に、夏場の高水温に弱く、水槽の置き場所に注意する必要があります。

また、水の汚れにも弱いため定期的な水換えをお願いします。

このページの先頭へ戻る